会社設立代行、NPO法人、相続・遺言、帰化・入管、離婚、介護保険事業、介護タクシー事業、のことなら
田村行政書士事務所          電話 06−4256−7938
              
※お気軽にお問い合わせください。 

          


                                                       サイトマップ  事務所地図
トップ  お問合せ  報酬額表  ご依頼等の流れ │ 事務所概要  著書・掲載歴

サービス案内
お問い合わせ
ご依頼等の流れ
報酬額表
業務のご案内
株式会社設立
合同会社設立
NPO法人設立
介護事業立ち上げ
障害者福祉サービス事業
介護タクシー事業立ち上げ
建設業許可サポート
相続・遺言手続サポート
相続人と法定相続分
遺産分割協議
遺言書
外国人ビザ申請
帰化申請
離婚手続
自動車の名義変更(移転登録)
内容証明
事務所のご案内
事務所概要
取扱業務
個人情報保護方針
お問い合わせ
マスコミ掲載
その他
著書・掲載歴
介護小冊子
リンク

CAFE タイム
介護事業ブログ
相続、遺言、離婚のブログ
相続・遺言のメールマガジン






田村行政書士事務所
〒540-0035
大阪府大阪市中央区釣鐘町
     1-1-1大宗ビル6階
最寄駅:京阪・地下鉄谷町線
      天満橋駅下車すぐ
      事務所地図
TEL:06-4256-7938
営業時間:平日 9時〜18時

Contact: お問い合わせ





遺留分について


遺留分とは

  一定の相続人が受けることを保障するために、遺産について法律上必ず残して置かなければならないの一定の割合
 のこと。

  これは、被相続人は遺産を遺言などにより事由に処分ができる。しかし、ある程度の額を相続人のために留保させる
 ことが相続人の生活の安定、財産の公平な分配の要請に資することから設けられているのである。

遺留分権利者
  
  配偶者、子(代襲相続人も含む)、直系尊属
  ただし、兄弟姉妹、その代襲相続人である甥姪は遺留分権利者ではないことに注意!
  
遺留分の割合
  
  直系尊属だけの場合 →   遺産の1/3
  その他の場合(配偶者だけ、子供だけ、配偶者と子、配偶者と直系尊属の場合など)
                →    遺産の1/2

遺留分を侵害する効力
  
  被相続人による生前贈与、遺贈により、相続人の分配される額が遺留分に不足するときは、遺留分を侵害されたこと
 になる。
  ただし遺留分を侵害したとしても、無効にはならない。
 
行使期間
  
  侵害されたことを黙っていても何の解決もならない。贈与、遺贈を受けた者に対して意思表示しなければなりません。
  この意思表示は、口頭でも、書面でも構いませんが、証拠として残らない点で不安なもの。
  遺留分の減殺請求は、内容証明郵便ですることが安全です。  
  
  ただしこの権利は、遺留分権利者が相続の開始と減殺すべき贈与や遺贈があったことを知ったときから1年、または相
 続開始から10年。
トップ  お問合せ  報酬額表  ご依頼等の流れ │ 事務所概要  著書・掲載歴

          




会社設立代行、NPO法人、介護保険事業、介護タクシー事業、相続・遺言、帰化・入管、離婚の支援

〒540-0035  大阪府大阪市中央区釣鐘町1-1-1大宗ビル6階 
田村行政書士事務所    TEL 06-4256-7938    
Copyright©2002,田村行政書士事務所 all Right Reserved.


主な対応可能地域

大阪府全域(大阪市、豊中市、池田市、箕面市、豊能町、能勢町、吹田市、茨木市、高槻市、守口市、枚方市、交野市、寝屋川市、門真市、
池田市、堺市、泉大津市、高石市、大東市、四条畷市、東大阪市、八尾市、柏原市、松原市、藤井寺市、 羽曳野市、富田林市、
大阪狭山市、河内長野市)、兵庫県、神戸市、芦屋市、尼崎市、伊丹市、川西市、宝塚市、西宮市、京都府、京都市、奈良県

■姉妹サイト   相続遺言手続サポート   介護保険事業立ち上げガイド   入管ビザ申請手続サポート