配偶者ビザ、永住許可、技術ビザ、技能ビザ、投資・経営ビザなどの許可、変更、更新手続を支援
相続遺言手続サポ−ト     電話 06−4256−7938
     (平日 9:00〜18:00) 

        お問い合わせ 


                                                 
HOME  お問い合わせ  費用 │ ご依頼はこちら │ 事務所案内  著書・掲載歴

サービスのご案内
お問合せ・面談相談
ビザ申請手続の代行費用
在留資格の基礎知識
在留資格の種類
ビザ申請手続の流れ
就労に係る在留資格
投資経営ビザ
技術ビザ
研修ビザ
人文知識・国際業務ビザ
家族関係に係る在留資格等
国際結婚手続
日本人の配偶者等ビザ
永住ビザ
帰化申請
帰化許可
帰化許可の要件
外国人を雇用する企業等
外国人を雇用する側の確認
雇用による在留資格の手続
事務所のご案内
事務所概要
プロフィール
お問い合わせ
著書・掲載歴

主な対応地域
大阪府、大阪市(中央区、北区、西区、福島区、天王寺区、浪速区、阿倍野区、生野区、此花区、旭区、城東区、住之江区、住吉区、大正区、鶴見区、西成区、東淀川区、西淀川区、淀川区、東住吉区、東成区、平野区、港区、都島区)、豊中市、池田市、箕面市、豊能町、能勢町、吹田市、茨木市、高槻市、守口市、枚方市、交野市、寝屋川市、門真市、池田市、堺市、泉大津市、高石市、大東市、四条畷市、東大阪市、八尾市、柏原市、松原市、藤井寺市、羽曳野市、富田林市、大阪狭山市、河内長野市、兵庫県、神戸市全域、芦屋市、尼崎市、伊丹市、川西市、宝塚市、西宮市、京都府、京都市、奈良県


 

国際結婚


  ご相談をお聞きしますと、国際結婚の手続をどのようにしていったらよいか分からず困っている
 というお話をよく聞きます。

  本サイトでは、これから国際結婚をしようとする方のために参考となるよう分かりやすく記載してい
 ますので、ご参照ください。


日本人と外国人の国際結婚手続きの流れ

  最初に日本の市区町村役場に婚姻届を先に出し、その後に相手方(在日大使館・領事館)への届
 出をするケースです。

  相手国への届出を先にすることも可能ですが、届出の順番を重視する国もありますので届出の前
 に市区町村や大使館等へご確認ください。


       ・必要書類の準備
             ↓
       ・婚 姻 届 提 出 (市区町村役場)
             ↓           
       ・受     理
         ※受理されるとめでたく婚姻が成立です。
           ただし要件を充たさず受理伺いになった場合は、法務局で正式に受理されるまで、
           相当の時間がかかることがあります。
             ↓
       ・婚姻受理証明書の取得
         ※相手の国の在日大使館・領事館で届出をする際に必要となりますので忘れずに発
          行してもらいましょう。
             ↓
       ・相手方の自国へ婚姻の届出
        ※忘れずに届出をすることです。
     
 
 ※備考:
   国際結婚手続はここまでですが、外国人配偶者が婚姻後も日本に住むためには、在留資格を取
  得する必要があります。


婚姻届に必要な書類の準備

 1.婚姻届
   ※届書用紙は、市役所、区役所又は町村役場で入手できます。
     婚姻届書には、成人の証人2名の署名押印が必要です。
 2.戸籍謄本(本籍地役場でない場合日本人について必要)
 3.パスポート(日本にいる場合は外国人について必要)
 4.婚姻要件具備証明書(外国人について必要)と日本語訳分
   (場合によっては申述書・宣誓供述書・独身証明書など)
  例:配偶者が韓国籍の場合は、韓国戸籍謄本で可能な場合があります。
     届先の日本の市町村でご確認ください。
             ↓
  書類の準備ができたら、届出人の本籍地又は所在地の市役所、区役所又は町村役場で届出を
 します。

 ※留意事項
   日本で婚姻届を提出したら、相手の国への報告手続きを必ず行ってください。手続きを怠ると、
  相手国では独身のままということになりますので忘れずに届出を行ってください。

  婚姻要件具備証明書の補足説明

  1.婚姻要件具備証明書とは?
    婚姻要件具備証明書は、婚姻をしようとする外国人の本国の大使・公使・領事など権限を持っ
  ている者が本国法上その婚姻に必要な要件を備えていることを証明する書面です。
  
    日本人と婚姻する外国人については、その人の本国の法律が定めている婚姻の成立要件(婚
  姻できる年齢に達していること、独身であることなど)を満たしているか市区町村で審査します。

   そのため日本人については戸籍謄本を、外国人については婚姻要件具備証明書を婚姻届に添
  付して提出する必要があります。

    なお婚姻具備証明書など外国語で書かれた文書は、そのまま提出できませんので、日本語の
  訳文も一緒に提出する必要があります。また誰が翻訳したか、翻訳者の氏名の明記が必要です。

   ※この証明書の取得は自国の大使館または領事館で、事前に確認のうえ申請してください。
 
  2.婚姻要件具備証明書を発行していない国の場合
  
  国によっては、婚姻要件具備証明書を発行していない場合があります。この場合はこれに代わる
 書類を提出することになります。

  ※事前に婚姻届の提出を予定している市区町村役場で確認しておいてください。

   1)出生証明書
   2)独身証明書
   3)宣誓供述書  

  3.婚姻要件具備証明書も,これに代わる証明書も提出できない場合

  外国人の本国の法律の写し(出典を明示をする。本国の公的機関が発行したパスポート、国籍証
 明書等の身分証明書、出生証明書、身分登録簿の写しなどを添付する。いずれも,日本語訳の添付
 が必要です。
 

日本人配偶者等の在留資格の申請の仕方

  日本国籍を有する者が外国人を配偶者と国際結婚した場合に、外国人配偶者を日本で生活するた
 めには、双方の国で婚姻の届出をするだけでは足りない。

       日本人配偶者         ⇔       外国人配偶者        
       (日本の役所に届出)  婚姻成立     (本国での届出)
                     ↓
                     ↓ 外国人配偶者と日本で生活するには婚姻だけでは足りない。
                     ↓
  外国人配偶者と日本で生活するには、日本人配偶者等の在留資格を取得する必要がある。
  その在留資格を取得する方法として、以下の2つの方法がある。

  ・海外にいる配偶者の場合 → 「日本人配偶者等」の在留資格認定証明書許可申請。

  ・当所から日本に滞在していた場合 → 「日本人配偶者等」の在留資格変更許可申請。

  詳しくは、「日本人配偶者等」のページをご参照ください。





  当事務所ご相談、手続きのご依頼やその他の疑問点がございましたら、田村行政書士事務所ま
 でお問い合わせください。
               
       電話で今すぐのお問い合わせ    : 
06-4256-7938
                                 (受付: 平日 9:00〜18:00)
       メールフォームでのお問い合わせ : お問い合せフォーム 



HOME  お問い合わせ  費用 │ ご依頼はこちら │ 事務所案内  著書・掲載歴




配偶者ビザ、永住許可、技術ビザ、技能ビザ、投資・経営ビザなどの許可、変更、更新手続を支援
〒540-0035  大阪府大阪市中央区釣鐘町1-1-1大宗ビル6階 
田村行政書士事務所    TEL 06-4256-7938    
Copyright©2002,田村行政書士事務所 all Right Reserved.


■姉妹サイト   田村行政書士事務所   会社設立サポート   介護タクシー事業立ち上げガイド   相続遺言手続サポート