会社設立、株式会社設立、合同会社設立、定款変更手続きを支援
会社設立手続サポート               電話 06−4256−7938
                        (平日 9:00〜18:00)
                           
 お問合せはこちら 

                                                           個人情報保護方針
| トップページ | 費用  お問合せ  事務所案内  プロフィ−ル | 著書・掲載歴 

事務所概要
事務所案内図
お問い合わせ
費用
著書・掲載歴
プロフィール

会社設立の基本
新しい会社法の仕組み?
会社の種類と特徴を知ろう
会社設立にいくらかかるの?
既存の有限会社はどうなる?
株式会社設立
株式会社設立の流れ
定款の作成・認証
電子定款認証とは?
公証役場
合同会社設立
合同会社設立
会社設立後の届け
会社設立後の届出
届出諸官庁一覧
 ・税務署
 ・社会保険事務所
 ・労働基準監督署
 ・公共職業安定所
 ・税事務所
許認可申請
営業許可が必要な業種

姉妹サイト
田村行政書士事務所
相続遺言手続サポート
介護保険事業立ち上げガイド


お問い合わせ
田村行政書士事務所
〒540-0035
大阪府大阪市中央区釣鐘町
      1-1-1大宗ビル6階
最寄駅:京阪・地下鉄谷町線
      天満橋駅下車すぐ
      事務所地図
TEL:06-4256-7938
営業時間 平日 9時〜18時




 

定款の作成・認証


 定款は、会社の根本規則であり、株式会社を設立するには必ず定款を作成し、公証役場で認証を受けなければなりません。

1.定款の記載事項

 定款の記載事項は、1)絶対的記載事項、2)相対的記載事項、3)任意記載事項といわれるものがあります。

1)絶対的記載事項
  定款に必ず記載しなければない事項をいい、この記載を書くと定款全体が無効と
 なります。以下に定めるものが絶対的記載事項にあたります。

     ・商号
     ・目的
     ・本店の所在地
     ・設立に際して出資される財産の価額またはその最低額
     ・発起人の氏名と住所
      
2)相対的記載事項
  定款に記載しなくても定款自体は有効ですが、定款に記載することにより効力が
 生じるものをいいます。
  
     ・金銭以外の財産を出資する場合(現物出資)
     ・財産引受
     ・株式の譲渡制限
     ・株券発行
     ・株主総会の決議方法
     ・取締役会、監査役などの設置
     ・取締役及び監査役の任期伸長
     など     


3)任意的記載事項
     ・公告の方法
      ※旧商法では、公告の方法は定款の絶対的記載事項であった。
     ・定時株主総会招集の時期
     ・取締役・監査役の員数  
     ・事業年度
     など 

2.定款を認証する公証役場と持参物

 
  会社の本店所在地を管轄法務局又は地方法務局の所属公証人が扱うことになりますので、本店所在地を管轄する公証役場で定款の認証を受ける必要があります。なお実際には管轄区域内に多数の公証役場があり、管轄区域内であればどの公証役場でも認証を受けることができます。

 必要書類
 1)定款3通
 2)発起人の印鑑証明書 
   ※役所に印鑑登録をしていない場合は登録しておく必要があります。
 3)収入印紙 4万円
 4)公証人の定款認証手数料 5万円 
 5)そのほかに謄本作成料(1枚250円)は必要



            お問い合わせ

何か分からないことがございましたら、下記までご遠慮なくお問い合わせください。

 お電話でのお問い合わせ : 06-4256-7938 
                   (受付: 平日 9:00〜18:00)
 フォームでのお問い合わせ: 問い合せフォーム