介護タクシー事業等の開業は専門家にお任せ

介護タクシー事業の許可申請手続きは面倒で、申請から開業までかなり時間がかかるものです。

時間がかかる要因として、次のとおりが考えられます。

1.運輸局の審査処理期間の長さ

許可がおりるまで、申請書を地方運輸支局又は陸運部に提出してから許可までに2か月半以上かかります。

ここで、提出した申請書類に不備がありますと、それを運輸局にて提出するまでのかかった期間に比例して、さらに許可が伸びます。

また、法令試験に合格しないと、合格するまで1か月ずつ延長することになります。

2.申請書類を提出するまでの準備期間

加えて、申請書類を出すまでの準備期間がありますが、個々の個人又は事業者により差がありますが、相当時間がかかっているようです。半年以上かかってしまったというケースも聞いております。

準備期間においては、①運転手と指導主任者などの人員確保、②営業所・休憩室と車庫の許可要件を満たした施設の確保、③車庫の前面道路の証明書入手、④車両の見積書等の入手、⑤資金要件の確保など法令で求められている許可要件を一つ一つクリアしていくことがあります。

許可要件について、地方運輸局で出している審査基準とその細則に記載されていますが、初めて開業する人には、なかなか理解しがたいところです。そのため、許可要件の理解と何から手を付けてよいか混乱してしまいますので、時間がかかる要因となっています。

3.許可後の開業準備期間

許可になっても、すぐに開業できるわけではなく、①健康診断や適性検査の受診、②車両の検査登録等、③タクシーメータの検査(時間制運賃のみ場合は不要)④任意保険の加入など必要な準備を行ってはじめて開業できます。

この開業準備も、結構時間がかかります。

当事務所では、介護タクシー事業に精通していますので、何からスタートするか適切なアドバイスを差し上げることができます。

また、不許可になると思われる事案であっても、お客様に改善をして頂くことにより許可になったケースもたくさんあります。

時間がない、またはご不安な場合は、まずは当事務所までご相談ください。

田村行政書士事務所のご案内

ページの先頭へ