介護タクシー事業(福祉輸送事業)の開業・許可要件。
介護タクシー事業立ち上げガイド     電話 06-4256-7938
     (平日 9:30~18:00) 

                                                                      お問い合わせ


                                                 サイトマップ  個人情報保護方針

トップページ > 介護タクシー事業で必要な従業員は何か?

トップページ  │  お問合せ  │  報酬額表  │  事務所アクセス  │  お客様の声  │  著書・掲載歴


お問合わせはこちら

お気軽にお電話ください。
電話:06-4256-7938

メールでのお問合せは、24時間受付けしております。
 お問合せメール



サービスのご案内
ご依頼から新規開業までの流れ
介護タクシー事業の開業完全サポート 
介護保険付介護タクシー事業の開業完全サポート
報酬額表とサービス案内
ご相談
事務所のご案内
事務所アクセス
著書・掲載歴
 お客様の声
開業されたお客様の声
介護タクシーとは
介護タクシーとは?
介護タクシー事業の位置付け
開設できる事業者の制限は?
介護保険介護タクシー(通院等乗降介助)とは?
介護タクシーと特定旅客の比較
介護タクシー事業等のQ&A
介護タクシー事業の開業
介護タクシー事業手続の流れ
介護タクシー事業の開業前に検討しておくこと(開業資金、必要な設備)
介護タクシー事業で必要な従業員と資格?
介護タクシー事業の許可要件
介護タクシー事業の運賃
法令試験
許可申請はどこで申請?
救援事業(便利屋タクシー)
介護タクシー事業者が行う救援事業(通院の付添い・介助等)
開業後の手続
車両の増車手続
介護タクシー事業の譲渡手続
介護タクシー事業の相続手続
運賃の変更手続
駐車禁止除外指定車の手続
その他介護タクシー事業開業
NPO法人等の福祉有償運送
特定旅客自動車運送事業
特定旅客自動車運送の流れ
自家用有償運送許可
ブログ
介護ブログ


介護タクシー事業で必要な従業員は何か?


介護タクシー事業で必要な人員

道路運送法第4条の一般旅客自動車運送事業(介護タクシーも含む。)において、従業員は、①運転手、②運行管理者、③指導主任者や④整備士管理者で構成されております。

この従業員の仕事内容と資格要件を見ますと、以下のとおりです。

①運転手
 資格要件:2種免許以上が必要です。
 人を乗せて営業を行うわけですので、普通運転免許では当然ダメとなります。

 <介護タクシー事業の運転手の場合は?>
 ⇒
介護タクシー事業の運転手は、当然、2種免許以上の運転免許を持っている人を確保する必要があります。
  なお、車両の形状によって、例えば福祉車両でなくセダン型の通常の車両を選択する場合は、2種免許に加えて、介護資格であるヘルパー2級以上の資格が必要になります。


②運行管理者(介護タクシーは緩和要件あり)

イ 仕事内容:
 運行管理者は、道路運送法に基づき、事業用自動車の運転者の乗務割の作成、休憩・睡眠施設の保守管理、運転者の指導監督、点呼による運転者の疲労・健康状態等の把握や安全運行の指示等、事業用自動車の運行の安全を確保するための業務を行います。

ロ 資格要件:運行管理者の資格が必要になります。 
 運行管理者の資格を取得するには、自動車運送事業の種別に応じた種類の運行管理者資格者証(一般乗合旅客、一般貸切旅客、一般乗用旅客、特定旅客、旅客、貨物)を取得する必要があり、運行管理者資格者証を取得するためには、次の二つの方法があります。

 <その1>運行管理者試験に合格する方法

 <その2>一定の実務経験その他の要件を備える方法
  後者は、取得しようとする運行管理者資格者証の種類(一般乗合旅客、一般貸切旅客、一般乗用旅客、特定旅客、貨 物)ごとに、それぞれに応じた種別の自動車運送事業(貨物軽自動車運送事業を除きます。)の事業用自動車の運行の管理に関し5年以上の実務の経験を有し、その間に運行の管理に関する講習を5回以上受講していること等の要件があります。運行の管理に関する講習として、自動車事故対策機構が行う基礎講習及び一般講習が認定されており、5回以上の講習のうち、少なくとも1回は基礎講習を受講している必要があります。

 <介護タクシー事業に運行管理者の資格は必要か?>
 ⇒介護タクシーの場合は、
以下のとおり、車両の保有台数で資格が必要か否か判断することになります。
  
 
 <車両の台数が4台までの場合> 
    ⇒ 運行管理者の資格は不要。どなたでも選任できます。
            又は                            
  <車両の台数が5台以上の場合> 
    ⇒ 運行管理者の資格が必要。

備考:訪問介護事業者の場合は、介護タクシー事業の許可のほか、訪問介護員等の自家用有償運送許可を取得するケースが多くあります。その場合は、介護タクシー事業の許可車両だけでなく、自家用有償運送の許可車両も含めて合計でカウントします。

   例:介護タクシー許可車両(営業車両) 1台 + 自家用有償運送の許可車両 4台 = 5台
      ⇒5台に達していますので、運行管理者の資格が必要。


③指導主任者
イ 仕事内容:
 運行管理者は、道路運送法に基づき、事業用自動車の運転者の乗務割の作成、休憩・睡眠施設の保守管理、運転者の指導監督、点呼による運転者の疲労・健康状態等の把握や安全運行の指示等、事業用自動車の運行の安全を確保するための業務を行います。

ロ 資格要件:資格要件はありませんので、どなたでも選任できます。
         もっぱら、運行管理者と兼任することが多いです。


④整備士管理者(介護タクシーは緩和要件あり)
イ 仕事内容:
 指導主任者は、運転者の指揮監督を行うこと、及び運転者を新たに雇入れたなどの場合に、10日間以上の指導教育を行います。

ロ 資格要件:整備管理者として選任するには、資格が必要になります。資格を取得する方法として、次の2つの方法があります。
 <その1>
  自動車整備士技能検定のうち国土交通省令で定める次の種類に合格する方法
   ・1級自動車整備士
   ・2級自動車整備士
   ・.3級自動車整備士
 
 <その2>
 整備の管理を行おうとする自動車と同種類の自動車の点検若しくは整備又は整備の管理に関して2年以上の実務の経験を有し、地方運輸局長が行う整備管理者選任前研修を修了した者

 <介護タクシー事業に整備管理者の資格は必要か?>
 ⇒介護タクシーの場合は、
以下のとおり、②運行管理者で説明したのと同様に、車両の保有台数で資格が必要か否か判断することになります。
  
 
 <車両の台数が4台までの場合> 
    ⇒ 整備管理者の資格は不要。どなたでも選任できます。
            又は                            
  <車両の台数が5台以上の場合> 
    ⇒ 整備管理者の資格が必要。
.





当事務所の手続代行について
 当事務所の手続代行をお申込み頂いた場合の特色は、以下のとおりです。

 ・お客様に代わって申請代行を致します。同行は不要です。
 ・法令試験対策として、手続代行をお申込み頂いた方には条文テキスト集と精選問題集を差し上げます。
 ・開業等のご相談・疑問点は何度でも無料でご相談・ご質問して頂けます。


 当事務所の介護タクシー事業の手続代行の詳細は、こちらをご参照ください。
                            ⇒ 手続代行サービスのご案内
                               ※お客様の声

 
             お問合せ・ご相談の詳細はこちら!
                              


トップページ  │  お問合せ  │  報酬額表  │  事務所アクセス  │  お客様の声  │  著書・掲載歴



介護タクシー事業(福祉輸送事業)の立ち上げ支援・許可申請手続代行、開業支援
〒540-0035  大阪府大阪市中央区釣鐘町1-1-1大宗ビル6階 
田村行政書士事務所    TEL 06-4256-7938    
Copyright©2002,田村行政書士事務所 all Right Reserved.


■姉妹サイト   田村行政書士事務所   会社設立サポート   介護保険事業立ち上げガイド   相続遺言手続サポート